-ご案内-

このサイトは管理人が韓国料理について簡単にまとめた個人の趣味のサイトです。
無断転載・転用はご遠慮下さい。

ご意見などは管理人admin@kanryucooking.jpまでお願いします。

簡単おかずレシピ

■韓国料理の食卓の名わき役達■

ここでは韓国の食卓にはあって当たり前なおかずである、「キムチ」と「ナムル」の代表的な作り方をご紹介します。細かい分量などは書いていませんので、こちらを参考に、ご自身の味を探してみて下さい。

■白菜キムチ■

キムチイメージ


そのまま食べてよし、料理に使ってもオイシイ白菜キムチの作り方を簡単にご紹介します。
キムチのページでも書きましたが、キムチには様々な種類があり、作り方も千差万別です。ここでご紹介するのはあくまで基本。ご自身で分量や材料を調節し、「自分だけのキムチ」を作ってみて下さい。

【用意するもの】

・白菜1株 ※白い茎がぶ厚くなくて、水分の少ないものを選んで下さい
・塩 ※天然のあら塩がオススメ

≪キムチ用薬念≫
・唐辛子粉 
・水
・砂糖
・塩
・アミの塩辛
・イカの塩辛
・ニンニク
・ニラ
・生姜
・長ネギ
・タマネギ
・大根   ・・・など

※唐辛子粉はパウダー状のものだけでも大丈夫ですが、歯ごたえを出すには粗挽きも混ぜるといいでしょう。日本のものは辛過ぎるので韓国産がオススメです。

1.白菜を塩漬けにする

白菜の根元から半分くらいまでに十文字に切り込みを入れて、指を入れて裂きます。これは葉がばらばらになるのを防ぎ、繊維も切らない為のテクニックです。

葉の一枚一枚に塩がいきわたるように丁寧に塩をふります。硬い根元は特にしっかりとしましょう。塩をふるだけでは味が均一にならないので、カメなどの密閉容器にいれたら、塩水に浸し、重しを乗せて一晩寝かせます。

この塩漬けがキムチに重要な「一次発酵」になります。これでキムチの味が決まるといっても過言ではありません。

2.薬念(タレ)を作る

上記で挙げた材料を水で混ぜ合わせて作ります。

上の材料は基本的なものです。市販のキムチの素を使うのももちろんOK。色々試して自分だけの薬念を作って下さい。なお塩辛はキムチを発酵させるのに使います。

3.白菜の塩抜き

塩漬けした白菜を取り出し、汚れや余分な塩分を取り除く為に丁寧に水洗いします。ここで味を見て、塩分が強いと思ったらさらに水で塩抜きをして下さい。

塩抜きが終わったら水気をしっかりきって下さい。

4.薬念を塗りこむ

水をしっかり切った塩漬け白菜の葉の一枚一枚に丁寧に2で作った薬念を塗りこんでいきます。根元などにもしっかり塗りこみましょう

5.漬け込む

白菜の一番上の大きな葉で中の葉を覆うように包み、空気を抜き、カメなどの密閉容器にいれます。

この漬け込みで最も気にしなければならないのが「空気の遮断」です。中に空気が入らないよう、葉包んだ上からラップをして冷蔵庫などの涼しいところで漬け込みます。

6.完成

2〜3日すると熟成が進み、美味しい白菜キムチの出来上がり!!

↑TOP

■ナムル■

ナムルイメージ




ナムルとは韓国の野菜の和え物です。
キムチ同様韓国ではポピュラーなもの。
今回は4種類のナムルの作り方をご紹介。どれも簡単ですし、
ちょっと一品加えてみてはいかがでしょうか?

≪大根ナムル≫

1.大根とにんじんの皮を向いて千切りにします。

2.塩をふって、しんなりして水気が出てきたら手で絞ります。

3.粉唐辛子(日本のは辛いで韓国産がオススメ)・砂糖・ゴマ・ごま油・酢を和えて完成。

≪もやしナムル≫

1.水洗いした豆もやしを、水と塩の入った鍋に入れて火にかけます。

2.シャキシャキっとした食感が残る程度に湯がいたら、ザルにあけて水気をよく切ります。

3.塩・胡椒・ゴマ・ごま油で和えて完成。

≪ほうれん草ナムル≫

1.水で洗ったほうれん草を塩を入れて沸騰させたお湯の中に入れてさっと煮ます。

2.水気を切って適そうなサイズに切ります。

3.塩・胡椒・ゴマ・ごま油で和えて完成。

≪ゼンマイナムル≫

1.水煮ゼンマイの水気をよく切り、ごま油を敷いたフライパンでよく炒めます

2.酒・しょうゆ・砂糖・おろしニンニク・みりんを入れて混ぜたら水気がなくなるまで煮ます。

3.器にあけてゴマをふって完成。

↑TOP